【しっちょった?】夏みかんの原木は山口にある

「みかん」といえば、冬にコタツで食べるイメージですが、「夏みかん」は文字通り、「夏」の「みかん」として、日本全国で食べられています。

おいしいですよね?

夏みかん。

山口県の萩市では夏みかんが多く栽培されています。

夏みかんは山口で生まれた

画像:『タウン情報 萩』より

そんな夏みかんですが、実はその存在自体が山口で生まれました。

山口には、今でも夏みかんの最初の木である、夏みかんの原木が佇んでいます。

その原木がある場所とは青海島です。

長門市の青海島には夏みかんの原木がある!

青海島といえば、海上アルプスで有名ですが、その青海島に夏みかんの原木があります。

原木は今なお存在し、そこは山口の隠れた名所のひとつになっています。

海の神様がくれた種

18世紀に西本チョウという女性が、青海島の海岸で果実を拾い庭先に種をまいて育てたところ、みかんの木になりました。

しかし、それは普通のみかんとは少し違う、みかんで、夏に食べると美味しいみかんだったのです。

こうして夏みかんは生まれました。

「青海島に不思議なみかんが生っている」と、うわさを聞きつけた近隣住民たちが、種を持ち帰り自家で栽培しました。

そうして夏みかんの栽培は広まってゆきました。

いったい、その不思議な種はどこからやってきたのでしょうか?

神様がくれた種としか思えません。

維新で職を失った武士たちは夏みかんを栽培して生計を立てていた

明治維新は日本全土に文明開化の革命をもたらしましたが、刀を振ることだけにアイデンティティーを築いていた武士たちは一斉に職を失いました。

そうした武士たちが生計を立てる基盤としたのが、夏みかん栽培で、それにより夏みかんの普及は全国規模に拡大しました。

今では夏みかんは日本中で愛されています。

山口といえば、みかん

周防大島の温州みかん、そして山口原産の夏みかん。

山口といえば「みかん」です。

日本果実工業のみかんジュースもオススメです。

山口県のガードレールが黄色いのは「夏みかん」にちなんだカラーだそうです。

1963年の山口国体の際に、山口の歴史でもある夏みかんカラーに塗り替えられたとのことです。


参考記事

長門市観光協会サイト:http://www.ysn21.jp/~eipos/data/2006/WB18_001/kyoudoryouri/natumikan/newpage1-4-26-2.html

タウン情報 萩:http://hagicity.com/blog/column/1310/

おいでませ山口へ:http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/13454


大日比ナツミカン原樹

住所:〒759-4106 山口県長門市仙崎
地図:https://goo.gl/maps/xc9YvK237452

※こちらは記事作成時の情報です。

タレコミ募集

この記事に関する新たな情報があれば教えてくだちい。名無し歓迎。