山口って湧き水あるん?あるよ。

山口って温泉も湧き水も豊富ですね。

湧き水は一応名前のついているところだけ載せました。

新しい湧き水を見つけたら随時アップデートしていきたいと思います。

柳の水(山口三名水)

山口三名水の一つ

朧の清水、藤の水、ここ柳の水を山口三名水と呼ぶそうです。
かつては、3か所でおいしい水が湧いていたのでしょうが、現在おいしい水が得られるのは ここ柳の水だけです。
相当 山奥ですが、水をくみに行く価値はあると思います。

林真理子


柳の水

住所:〒753-0071 山口県山口市滝町11
地図:https://goo.gl/maps/c6unMsrFEz32

※こちらは記事作成時の情報です。


水出(みずいで)の泉(阿東)

阿武川をご存知でしょうか?

阿武川は山口県の北部を流れる川です。

長門峡・阿武川ダムなどを流れた後、萩市市街地で橋本川と松本川の2つに分かれ、それぞれが日本海に流れてゆきます。

その阿武川の源泉がこの水出の泉です。

阿東の嘉年(かね)という地区にあります。

湧き出る水の量はとても羽振りがよく、滾々と湧き出ています。

日本海まで続く長大な阿武川の源泉だと考えると、とてもロマンを感じます。

ちなみに、水源のほとりにはクレソンがたくさん生えており、「取り放題」との事です。

お味の方は?

爽やかな味がします。

関連リンク

http://ato-kankou.org/blog/historic-spot-305.html


水出の泉

住所:〒759-1601 山口県山口市阿東嘉年上
地図:https://goo.gl/maps/3dtrNtERngt

※こちらは記事作成時の情報です。


大坪の清水(阿東)

こちらは同じく阿東の徳佐にある湧き水です。

この湧き水は本当に地の底から湧き出ているタイプの湧き水です。

味は土臭いかと思いきや、意外とスッキリ、のどごしのよい口あたりです。


大坪の泉

住所:〒759-1511 山口県山口市阿東徳佐上
地図:https://goo.gl/maps/niEAyHxK4iB2

※こちらは記事作成時の情報です。


平家の泉 (仁保上郷)

壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家一門は各地に散逸しました。

その中の一人である万寿姫はわずかな郎党に守られながら仁保にたどり着き、ここで湧き水を発見しました。

万寿姫がこの湧き水を飲むと戦いの悪夢も覚めて穏やかな気持ちを取り戻しました。

そうした伝説にちなんで「平家の泉」と呼ばれています。

6月にはホタルが見られるかも?

すぐ近くには新進気鋭の靴職人のIKEMAさんのお店があります。

お味の方は?

まろやかな味わいです。


平家の泉

住所:〒753-0301 山口県山口市仁保上郷
地図:https://goo.gl/maps/hNcfwiyprF12

※こちらは記事作成時の情報です。


不動水(山口市大内氷上)

不動水は大内氷上の氷上山の中腹にあります。

近くには興隆寺(妙見社)がありますが、そこはかつて寺院が立ち並ぶ霊場でした。

不動水のある氷上山には妙見社の上宮があり、昔は禁則地でした。

大内氏の跡継ぎが神仏の洗礼を受けるために氷上山を登り、不動水を飲んで身を清めたのです。

ある種のディープな伝説のある水です。

認知はほとんどされておらず、ちなみに地図には載っていません。

今は仏様の導きが無いとたどり着けないかもしれません。

いずれこのブログで紹介したいと思います。

お味の方は?

神様の味がします。


不動水

住所:〒753-0214 山口県山口市大内御堀
地図:https://goo.gl/maps/zStaue2Qtvq

駐車場:興隆寺に有り

※こちらは記事作成時の情報です。

タレコミ募集

この記事に関する新たな情報があれば教えてくだちい。名無し歓迎。