知り合い「へ~、山口。…って四国?」

山口ってなぜか地味なんですよね。

先日、大阪にいる知り合いと、山口の話題になった時に言われた言葉。

 

へ~、山口。

 

…って四国?

 

これ、ほんとなんですよ。

実は、僕もかつては同じ感覚でした。

僕も大阪出身ですが、初めて山口に行ったとき、何回も地図見ましたからね。

「本州の端っこ」とわかっていても、しばらくたつと「え?どのへんやったっけ?」とわからなくなる。

 

地理のテストでも、山口って難問じゃなかったですか?

「47都道府県全て答えよ!」という問題で、46県わかった。

あと1県どこだ???

答え:山口

みたいな。

 

「人の意識に作用するバリアを張ってる?」と思わせるほどです。

 

これ?

名前のせい?

日本人の心理で、名前が地味なのかもしれません。

「山口」って画数がひらがな並みに少ない二文字で構成されています。

 

すごくシンプルで良いんですが、インパクトは薄いですよね。

でもそれは日本人的な感覚じゃないかなと思います。

 

もう一度、よく見てください。

「山口」って左右対称でかっこよくないですか?

記号的というか、スタイリッシュなロゴのようにも見えます。

 

海外の人がみたら「クール!」ですよ。

たぶん。

知らんけど。

山口はかなりポテンシャル高い

山口は人工物は少ないんですよ。

というか、ほぼ無いです。

 

その代わり、自然の造形がすばらしいです。

何気に絶景が多いんですよね。

 

秋吉台みたいな3億5千万年前の風景もあれば、角島みたいな「え?海外じゃないの」な風景もあり。

あと、県庁所在地(山口市)がやたら山に囲まれていて「まさに山口」という風景も素敵です。

 

山口といえば、日本に文明開化をもたらした明治維新の旗頭ですよ。

でありながら、その県自体は文明より自然が豊かというパラドックス。

それがいい。

「山口?なんもないやん!」に対する反論

ある人から、「山口?なんもないやん!」って言われた事もあります。

 

しかし、私は言いたい。

 

いやいや、何も無くないから!

それはあんたの価値観だから!

 

実際に、もう「物が豊か」であることを良しとする時代は終わりですよ。

ガイアの法則」によれば、これからは「精神の時代」ですから。

これについては、改めてこちらの記事で言及します。

タレコミ募集

この記事に関する新たな情報があれば教えてくだちい。名無し歓迎。